彫刻機、総合サイト
彫刻機サイト

自動彫刻機自動彫刻機レーザーマーカーレーザーマーカー洋彫り機洋彫り機手動彫刻機手動彫刻機刻印刻印

レーザーマーカー ファイバーレーザー YVO4レーザー

HOME > レーザーマーカー

レーザーマーキング

レーザーマーキングとは

LaSoX レーザーマーカー

『従来の刻印より綺麗に自由な形状で刻印をしたい!』
『ロゴや微細な文字・写真などをマーキングしたい!』
このようなニーズに対応できるのがレーザマーカシステムです。レーザビームの熱でマークや文字を彫刻します。その為、インクなどの交換部品がほとんど必要なくご使用いただけます。レーザーですので、彫刻する製品に、非接触で印字する為、重要な部品や製品に対しても確実、簡単に彫刻が可能です。衝撃を与えず、製品の精度を落とさず平面、曲面や凹凸がある場所でも彫刻を可能にします。

レーザー光

レーザーマーキングの映像

レーザーマーキングの速さ。
簡単操作がご覧頂けます。

レーザー加工サンプル

レーザーマーキングだから可能にする繊細さ

微細マーキング

浅いマーキングから深彫、切断まで可能

レーザー切断

自動レーザー加工

お客様のニーズから生まれたレーザーシステム。

LaSoX レーザーシステムは、最新のファイバーレーザーからYVO4、GREEN、CO2を搭載したレーザーマーキング装置です。自社生産の為、日本のマーキング加工をしている工場の意見を取り入れて開発しています。LaSoXシステムは、使いやすさを考えて作られてた装置です。

豊富なレーザーラインナップ。

自社生産だから出来る、価格と性能

使いやすさを考えた一体式レーザー。

パイプ材なども360度回転自動マーキング可能。

USB接続でノートパソコンでも操作可能。

日本製と自社開発で、使い易さと性能を重視。

レーザーマーカー専用サイトレーザーマーカー専用サイト

レーザーラインナップ

レーザーには、種類があるのを知っていますか?

レーザー光には何種類か種類があります。

レーザー加工で良く行われる加工は、『マーキング』『切り抜き』『溶接』などがあります。加工の種類によりレーザー機種が違います。レーザー機種というよりレーザー光が違います。レーザー光には、何種類もあります。理想のレーザー光を選ぶことが良い加工、今までよりクオリティーが高い加工、新しい分野の加工などを可能にします。

シーフォースでは、各種レーザー光の機種を取り扱っているため、お客様の加工にあったレーザーをご提案させて頂きます。

レーザーの種類



ファイバーレーザー | FIBER LASER

金属マーキングに得意なファイバーレーザー。一番新しいレーザー方式です。レーザーの特徴は、YVO4と同等の性能。ランプの寿命が一番長いのも特徴です。

YVO4 | YVO4 LASER

YAGレーザーを改良した金属マーキングと繊細なマーキングが得意なYVOレーザー。2010年までは、一番売れていた金属用マーキング機です。

グリーンレーザー | GREEN LASER

YVO4より繊細さを実現したGREENレーザー。ICや基盤など繊細なマーキングを必要としている工場向けで、YVO4よりマーキングできる素材は豊富です。

UVレーザー | UV LASER

GREENよりさらに繊細さを実現したUVレーザー。特殊な用途で使用されています。水晶などGREENで不可能な素材へのマーキングが可能です。

CO2レーザー | CO2  LASER

他の4種類のレーザーとは異なるレーザー光。アクリルや木などが得意で金属は不可。価格帯も安く一般の方も導入しやすい機種です。

レーザーの種類とラインナップ

レーザーには、波長により何種類かの機種に分かれています。LaSoXシリーズも用途に合わせて選べるように数種類のレーザー機を用意しています。
波長とは、光の種類をさします。下記の七色の図を見ていただければ、わかるように光には色があります。わかりやすく説明すると、
カラオケや日焼けマシーンなどで見るブラックライトは、波長が400nmの光です。下記の図でわかるように、波長400nmは紫色になっています。
よく授業やプレゼンで使うレーザーポインターは赤色をしています。レーザーポインターの波長は、600~700nmになるわけです。
このように光の色で波長が決まっています。光の色はよく七色といわれています。
太陽の光には、すべての色が混じっているといわれています。ですが、色を感じたことはないと思います。すべての色が混合して見ると白色にみえるといわれていいます。
虹は、七色に見えるのは、光の色が別々に映っていることから起こる現象です。
光の色は、すべての色が肉眼で見えるわけではありません。波長360~400nmの光が人間が見える光といわれています。この見える光の波長範囲が可視光線lといいます。
可視光線の範囲より上でも下でも見えない範囲になってきます。360nm以下の光を紫外線、400nm以上の光は赤外線と呼びます。

レーザーは、光を集光させパワーを増幅し素材にマーキングします。
太陽光でも、虫眼鏡で光を集光させ紙などを焼いた経験があると思います。通常の可視光は、人に害を与えることは少ないですが、集光させることに光は大きくかわるわけです。
レーザー光は、波長により、各種全く違う役割になります。

レーザーの比較と説明

『レーザーマーカーのレーザーには何種類もあるって知ってますか?』

LaSoXレーザマーカーシリーズは、ファイバーレーザーを起点に他に4種類のレーザーマーカーがございます。加工素材や用途に合ったレーザー光の提案をさせて頂きます。※(一般の方に分かりやすい簡易説明になります。)
ファイバーレーザー以外のレーザー機も、レーザー光の種類以外はファイバーレーザーとケースや自動回転バイス等は同じ仕様です。

一般的に使用されているレーザー光は、下記の5種類あります。5種類全てのレーザー光で特徴があり加工素材や用途に合せて購入する、機種が変わります。下記で5種類の簡単な特徴を記載しております。


レーザー素材対応表

レーザーマーカー 素材対応表


FIBER
LASER
YVO4
LASER
GREEN
LASER
UV
LASER
  CO2
LASER 
レーザーの線径 0.04-0.05 0.03-0.04 0.02-0.03 0.01-0.02   0.06-0.1
             
金属のマーキング
  ×
金属の深彫   ×
金属の切断   ×
不透明な樹脂マーキング  
透過する樹脂マーキング × ×  
アクリル材の切断
×
× ×  
アクリル材のマーキング
× ×  
ガラス ×
×  
水晶 × × ×  
半貴石  
ダイヤモンド × × ×   ×
× ×  
木(浅彫)  
木(深彫) × ×  
シリコン × ×   ×

レーザーマーカー専用サイトレーザーマーカー専用サイト

レーザーマーキング

自動彫刻機 magicカタログ2015

マジックカタログマジックカタログ
Magicカタログ ダウンロードLinkIcon


カタログをダウンロードできます。ご覧頂くには、Adobe® Readerが必要です。

レーザー彫刻機 LaSoXカタログ

レーザー機器カタログレーザー機器カタログ
LaSoXカタログ ダウンロードLinkIcon


カタログをダウンロードできます。
ご覧頂くには、Adobe® Readerが必要です。

シーフォース ショールーム 展示室

シーフォース 本社ショールームでは、MagicやLaserマーカーなど最新機種のデモを行っております。ゆっくりとご覧頂けますので、是非ご来社ください。



TEL:03-5817-1550
メールのお問い合わせメールのお問い合わせ
メール:magic@seaforce.co.jp